Top >  サーマクールの効果 >  サーマクールのデメリットとは?

スポンサードリンク

若返り・アンチエイジングの詳細情報

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

サーマクールのデメリットとは?

たるみやしわの治療として利用されているサーマクールは、施術前の準備があまりない・施術後のダウンタイムがない・施術時間が短い・痛みが少ない・傷も残らない・施術後1週間ほどで治る、などといった良いことばかりのように思いますが、やはりメッリトがある以上、デメリットもあるはずです。
ここではサーマクールのデメリットについて考えてみます。
サーマクールは、施術後すぐに効果が期待できる反面、その効果の持続性に問題があります。
サーマクールは施術後、数ヶ月のあいだに徐々に効果が増していきますが、その後はだんだん効果が落ちてきます。
ですので、もう一度施術を受けないといけなくなります。外科手術の場合、治療の効果は長く続きますが、サーマクールは半年から1年に1度は施術を受けるようになります。
またサーマクールは、人それぞれ生活習慣や食習慣・肌の状態が違うように、治療の効果の出方にも違いがあります。
ですので、同じような施術をしたからといって期待通りの効果が得られない、ということもあるところがデメリットといえるかもしれません。

 <  前の記事 サーマクールのチップとその種類  |  トップページ  |  次の記事 サーマクールとサーメージ社(光治療)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールの効果を知る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。